社内PCのセキュリティは大丈夫?メンテナンスとセキュリティの極意

ウイルス対策をしよう!パソコンのメンテナンスとセキュリティ

事務処理や企業取引など日常的な業務にパソコンが使用されていますが、セキュリティ対策をしっかりしておく必要があります。特にウイルス対策です。企業秘密が漏れては顧客との信頼関係にも影響します。気を付けたいことはウイルス対策ソフトを必ず導入するということです。インターネットを利用する機会が増えた今、世界中のどこからでも標的にされてしまう危険性があります。事前にウイルス対策ソフトを導入しておくことでこうした悪意のあるソフトウェアなどからコンピューターを守ることが出来ます。ただし、導入しただけでは不十分です。ウイルスは毎日の様に新種が発見されており対策が進んでいます。新種へ対応するためにも常にウイルス対策ソフトを最新の状態にしておく必要があるのです。

ウイルス対策も大切だけどパソコン自体のメンテナンスも大切

ウイルス対策ソフトがあればウイルスの侵入を防ぐことは可能です。でも、それだけでなくパソコンのOSも最新のものにしなければ万全なセキュリティ対策とは言えません。OSはパソコンの根幹ですが、脆弱性が見つかればそこを狙ったウイルスが作られます。そうした穴を塞ぐためにもOSを最新の状態にしておく必要があります。更新データはインターネット経由で入手可能ですが、必ず公式のサイトから手に入れましょう。個人サイトや関係のないサイトから手に入れた場合はウイルスが仕込まれていたりと危険が伴います。また、パソコンに使用しているUSBメモリースティックなどの記録媒体も気を付けたいところです。外部から持ち込まれたものにウイルスが入っていたというケースもあるのです。