費用比較!法人向けPCの購入とリースどちらがお得?

使用する用途に適したPCを導入する

オフィスにPCを導入したい時、機器を購入するかリースにするか悩むところです。月額費用だけではなく、メンテナンスや保守にどのくらいの費用がかかるか、どのくらいの期間使用する予定かなど長期的なスパンで十分考慮してトータルの費用を比較しましょう。また、自社の使用目的や設置する場所に最適な種類のPCを選択し、使用する用途に合ったパソコンのスペックを把握しておきましょう。3Dモデリングソフトを使いたい使用目的と、表計算ソフトを使用する程度という場合では必要な性能が異なります。使用したいソフトのメモリ、HDD、OSなどを前もって確認し、それに合った性能を選ぶことが大変重要です。安いというだけで安易に契約してしまうと、問題のある機器だったり、すぐに壊れてしまったりと思いもよらないトラブルが起きる可能性もあります。

事前にコストシミュレーションを

法人向けPCの相場は、パソコンの状態によって大幅に変動しますが、新品を購入した場合はおよそ3万円から15万円程度、中古のPCを購入した場合は約1万円から10万円程度、リースは契約内容により異なりますが、デスクトップパソコンで月に約4000円程度、ノートパソコンで月に約5000円程度でしょう。リース契約の場合はPCを購入する場合に比べ、一度にかかる費用は少なく済みますが、契約期間が長期になればトータルでのコストも増えていきます。使用期間によってはPCを購入するよりも、高いコストがかかる可能性も考えられます。PCを購入した場合とリースにした場合のコストを事前にシミュレーションしておくと安心です。複数のリース会社から見積もりをもらって、自社に最適な方法でPCを導入しましょう。